赤ちゃんの便秘にオリゴ糖|薬や綿棒を使わず原因から改善する方法

赤ちゃんの便秘で悩んでいるママは多いのではないでしょうか?
便秘解消の方法として、綿棒でおしりに刺激を与える方法などがありますが、赤ちゃんにとって不快でしかないですよね・・・

それに、やっぱり自然に排便してくるれるのが一番です。

そんな自然な排便を促す方法として、オリゴ糖の摂取があります。

ということで、ここでは赤ちゃんの便秘の原因から、
赤ちゃんでも食べることができるオリゴ糖についてご紹介していくので、参考にしてもらえたらうれしいです!

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんが便秘になるとママは心配だと思いますが、
決して珍しいことで安心してください。

うんちが出るタイミングは個人差があります。
その為、1~2日出ていないからといって、便秘ということでもありません。
でも、以下のような症状があった場合、それは便秘の可能性があります。

・3~5日以上うんちが出ていない

・うんちが出ても、硬いうんちが少しだけ出ている

・お腹がぱんぱんに張ってぽっこりしてて、苦しそうにしている

・食欲がなく、ミルクを飲んでくれない

・ミルクを飲んでもすぐにもどしてしまう

・機嫌が悪い

このような症状が出た時には、早めの対策が必要になります。

赤ちゃんが便秘になる原因は?

赤ちゃんの便秘の原因として考えられるのは、赤ちゃんが食べているものです。
1歳未満の赤ちゃんが口にするものは月齢によって違うので、便秘の原因も月齢によって違ってきます。

新生児・生後1~4ヶ月の赤ちゃんが便秘になる原因

新生児から生後4ヶ月頃までの赤ちゃんは、
腸の成長に合わせて授乳回数が減っていきます。
それにより、うんちのペースに変化が見られます。

また、母乳よりもミルクを飲んでいる赤ちゃんの方が、便秘になりやすいです。
ただし、個人差がありるので、母乳の哺乳量が極端に少ない場合など、母乳を飲んでいる赤ちゃんでも便秘になる可能性はあります。

母乳だから大丈夫!ということではないので、赤ちゃんのウンチのペースや、

先ほど書いた便秘の症状を参考に判断してください。

生後5~8ヶ月の赤ちゃんが便秘になる原因

この頃のになると、離乳食を食べ始めている赤ちゃんも多いと思います。
食生活が変わると腸内細菌にも変化が起こるので、うんちの形状や頻度に変化があります。

特に離乳食になってから気をつけないといけないのは、水分量です。
母乳やミルクの回数が減り、水分量が不足することで便秘になる可能性があるんです。

コロコロと硬いうんちが出る時は水分が不足している証拠なので、しっかりと水分を飲ませてあげてください。

生後9~11ヶ月の赤ちゃんが便秘になる原因

この時期には、食べた物の内容や量により便秘になる可能性があります。
食べる量が少ない。食物繊維が不足している。といったことが原因で、便秘になることがあります。

また、この時期でも水分の摂取量が少ないと便秘になりやすいです。

水分が不足すると便が硬くなるので、ウンチがなかなか出にくくなってしまうんですね。

赤ちゃんの便秘解消にはオリゴ糖が良い?

オリゴ糖は腸内で「ビフィズス菌」という善玉菌
増やしてくれることが明らかになっています。

そのため、オリゴ糖が便秘に効果があると1度は
耳にしたことがあるのではないでしょうか?

腸内環境の変化によって便秘が起こっている赤ちゃんは、
オリゴ糖を摂取することでビフィズス菌が増えて自然な排便を促すことができます。

もちろんそれで全ての便秘が必ず解消する訳ではありません。

それは便秘の原因が食生活だけではないからです。

しかし、食生活が便秘の一番の原因なのは確かです。

なので、まずは毎日の食事にオリゴ糖を取り入れることが、

便秘の改善の第一歩であり、一番効果的な方法であるといえます。

赤ちゃんにオリゴ糖はいつから与えていいの?

何ヶ月からオリゴ糖をあげていいのかというような決まりは特にありません。

そもそも母乳の中にもオリゴ糖が含まれているので、
母乳を飲んでいる赤ちゃんは生まれてすぐにオリゴ糖を摂取しているんです。

しかし、月齢によって飲ませる量がちがったり、
商品によっては赤ちゃんには与えないほうがいいものもあります。

そこで、私がお勧めしたいのが、赤ちゃんに与えることを目的に作られてたオリゴ糖

「おこさま用カイテキオリゴ」です。


一般的なオリゴ糖と何が違うのでしょうか?

そのあたりの解説をしていきます。

おこさま用カイテキオリゴの特徴

ビフィズス菌をまんべんなくサポートできる

実は、体内には複数種類のビフィズス菌が住んでいます。


そして、そのビフィズス菌それぞれにオリゴ糖の好き嫌いがあるんです。

それなのに、世の中のオリゴ糖食品の多くは1種類のオリゴ糖だけで作られています。

これではそのオリゴ糖が嫌いなビフィズス菌には、まったく意味がないですよね?

つまり、一般的なオリゴ糖だけでは、足りないのです。

しかし、「おこさま用カイテキオリゴ」は、体内に住む

色んなビフィズス菌それぞれの好みに合わせて、

複数種類のオリゴ糖が配合されています。

だから、まんべんなくサポート出来て自然な排便へと導いてくれるんですね!


赤ちゃんの体内環境に合わせてブレンドしている

大人と赤ちゃんでは、体内の複数種類あるビフィズス菌の比率が違います。

「おこさま用カイテキオリゴ」は、0歳から12歳までの子供の体内環境に合わせたオリゴ糖の配合比率になっているんです。

また、子供の体内環境に特化させるために、入っている成分として、ガラクトオリゴ糖が含まれています。


これは、母乳にも含まれているオリゴ糖で、

世界の粉ミルクに広く使われていて、

子供の体内に多いビフィズス菌のエサになるという

研究結果もあります。

だから、よりお子様に効果の期待できる作りになっているんですね!

ビフィズス菌の住処ごとに届く

これも意外と知られていないのですが、

ビフィズス菌は種類によって住処が違います。

なので、しっかりと下の方にいるビフィズス菌まで

オリゴ糖を届かせる必要があるんです。

「おこさま用カイテキオリゴ」はビフィズス菌ごとに違う住処にしっかりとオリゴ糖が届くように配合を調整しています。

これ一つで、隅々まで満遍なく行き届くようになっているんですね!

飲ませ方も簡単!

ミルクや麦茶、白湯などの普段から赤ちゃんにあげている飲み物にさっと混ぜてあげるだけでOKです。

母乳のみの方は、乳頭にオリゴ糖水を塗って母乳と一緒に与える方法がおすすめです。

また、熱にもつよくて甘すぎないので、入れた物の味もほとんど変えません。

だから、離乳食に混ぜることも出来きちゃいます。

カロリーもお砂糖の約4分の1と、とっても低カロリー。

歯の健康にも優しい作りになっているんですね。

これなら手間もかからず、赤ちゃんにも違和感なく上げることができますね!


おこさま用カイテキオリゴは公式サイトがお得!

おこさま用カイテキオリゴは、定期コースで注文すると

1袋 2,554円で購入可能です。

これは約1か月使える量になっていて、

1日で計算すると約85円で赤ちゃんのスッキリのサポートができるんです。

しかも、今なら専用の保存ボトルのプレゼントもあるので、

長く品質を保ったまま保存が出来ます。


赤ちゃんにあげるものなので、この気遣いも嬉しいポイントですね。

しかも、定期購入とはいえ、お届けの休止はいつでもできますし、

満足できなければ1個分の全額返金保証もあります。

まるまる商品を1袋使い切っていても返金してもらえるので、安心して試すことができますね!

下のサイトからは購入だけではなく、

健康管理師と専門アドバイザーによるサポートも受け付けているので、

まずは公式サイトをチェックしてみてくださいね!

まとめ

赤ちゃんの便秘には、オリゴ糖が良いということが分かってもらえたでしょうか?

おこさま用カイテキオリゴは、その名の通りおこさまに特化したオリゴ糖です。

他の類似品を見てみましたが、そもそも子供に特化したオリゴ糖を見つけることが出来ませんでした。

なので、赤ちゃんに与えるなら、
「おこさま用カイテキオリゴ」一択だと思います!

ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!